GI値が低い食べ物はダイエットに良いって本当?GI値について徹底解説!

こんにちは!

いちブログをご覧いただきありがとうございます!

今回は、

GI値が低い食べ物ってダイエットに効果的って本当?

という疑問に関して解説していきます!

この記事のラインナップはこんな感じです☟

GI値とダイエット

「GI値が低い食べ物はダイエットに効果的」

「GI値が高い食べ物は太りやすい」

「GI値が・・・・」

そんなにGI値言われても分からんわ!

と常日頃から思っているみなさまへ

この記事で分かりやすく解説していきますね👍

さっそく結論!

結論

GI値はダイエットに結構大切

そもそもGI値とは?

GI(Glycemic Index) は基準食摂取後の血糖曲線下面積を 100 としたとき、検査食摂取 2 時間後までの比率で表された指標である。

Jenkins DJA et al. Glycemic index of food a
physiological basis for carbohydrate exchange.
Am J Clin Nutr 34: 362-366,1981

要するに、

食後の血糖値2時間以内にどんだけ上がってるの?

ということです。

この研究によると、

  • GI値が70以上の食品を高GI食品
  • 69~56中GI食品
  • 55以下低GI食品

先ほど結論でも言いましたが、GI値はダイエットするのに結構大切で、

GI値が低いほど、糖質の吸収が穏やかで、太りにくいという研究結果が出ています。

GI値はなぜダイエットに大切なの?

ここでは血糖値インスリンの分泌が大きく関係してきます。

インスリンとは?

膵臓から分泌されるホルモンの一種。糖の代謝を調節し、

血糖値を一定に保つ働きを持つ。

インスリン(インシュリン)は膵(すい)臓から

分泌されるホルモンの一種です。
膵臓にはランゲルハンス島(膵島)と呼ばれる細胞の集まりがあり、

その中のβ細胞から分泌されます。

食後に血糖値(血液中のブドウ糖濃度)が上昇すると、それに反応して膵臓からインスリンが分泌されます。細胞の表面にはインスリン受容体があり、インスリンがこの受容体に結合することで、細胞は血液中のブドウ糖をとりこみ、エネルギー源として利用します。余ったブドウ糖はグリコーゲンや中性脂肪に合成され蓄えられますが、その合成を促進するのもインスリンの働きです。

e-ヘルスネット

要するに、血糖値を下げるホルモンです。

インスリンとダイエットに何の関係があるの?

まず、インスリン分泌までの流れはざっとこんな感じです☟

次に、疑問点が出てくるとするならば、

血中にあったグルコースは、どこに

吸収されたのだろうか?

この答えは、

筋肉→肝臓→脂肪に吸収される

ただし、筋肉にしっかりと吸収されるのは、適度な運動を行っているということが大前提です!

つまり、インスリンとダイエットの関係性をまとめると、

・インスリンが筋肉に働きかければ、太ることは少ない。

・脂肪に有意に働けば、その分太りやすくなる。

GI値とダイエット

ここまでで、

  • GI値とは、食後の血糖値がどれだけ上がるかの指数
  • インスリンとは、血糖値を下げるホルモンであり、健常者であれば、筋肉→肝臓→脂肪の順番で吸収される

ということを説明してきました。

ここまで読んでくれると、お気づきの方も多いかもしれませんが、

ダイエットのためには、

吸収したグルコースを筋肉に働きかけるためにGI値の低い食事をする

これが結論です。

詳しく説明すると、

  • 血糖値が急激に上がるとインスリンが筋肉でけではなく、脂肪にまで働きかける。
  • 血糖値が緩やかに上昇すると、脂肪にまで働きかけにくくなる。

ということは、GI値が低い食事がどれだけ大切か分かってきますよね。

食品のGI値に関しては、こちらのサイトに分かりやすく載っています☟

https://www.rakuten.ne.jp/gold/papamama/alpha30_GI.html

ただしなんでもそうですが、GI値が低いからと言って、食べ過ぎはよくありません!!

まとめ

  • GI値はダイエットするのに、覚えておいて損はない
  • インスリンは血糖値を低下させる唯一のホルモンである
  • インスリンは健常者であれば筋肉→肝臓→脂肪の順番で働きかける
  • GI値が低い食べ物を食べて、緩やかに血糖値を上げることが大切
  • 食べ過ぎはNG

以上!

ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA